お金

借金返済から投資まで、お金に関係する話題のカテゴリーです。

お金

2022年6月貯蓄・投資まとめ

2022年6月の貯蓄・投資結果をまとめました。 総資産額は5月末に比べ約26万円の増となりました。 主な要因は残業と想定外の(笑)ボーナスによる収入の増によるものです。 株式資産については、良くも悪くも前月と大きく変化がなかったので、影響はわずかでした。 ボーナスはあくまでも想定していないラッキー収入くらいにしか考えていませんが、資産増につながったことには変わりありません。 詳細については記事にまとめたとおりです。
お金

2022年5月貯蓄・投資まとめ

2022年5月の貯蓄・投資結果をまとめました。 総資産額は4月末に比べ約14万円の増となりました。 主な要因は残業による収入の増、同時に支出の減、そして株式投資の回復によるものと考えています。 自分の意識の中では前月と変わらないか、減っているものと想定していましたが、結果は大きく伸びていました。 詳細については記事にまとめたとおりです。
お金

2022年4月貯蓄・投資まとめ

2022年4月の貯蓄・投資結果をまとめました。 総資産額は3月末に比べ約4万円の減となりました。 主な要因は株式投資の低迷と支出の増です。 株式市場は本記事執筆時点で目下下落中ですが、4月末の時点でかなり影響が出ていたというわけです。 また3月から非公開サイトの記事作成を外注し始めました。その外注費用の影響が出始めたのは否めません。 詳細については記事にまとめたとおりです。
お金

2022年3月貯蓄・投資まとめ

2022年3月の貯蓄・投資結果をまとめました。 総資産額は2月末に比べ約30万円(!)の増となりました。 主な要因は株の急回復です。 1月に比べ2月の支出が少なく、支払額が減少したことも影響していると考えます。 詳細については記事にまとめたとおりです。
お金

2022年2月貯蓄・投資まとめ

2022年2月の貯蓄・投資結果をまとめました。 総資産額は1月末に比べ約8万円の増となりました。 主な要因はベトナム株の回復であると考えています。 昨年12月の支出に対する支払いがあったので、もう少し影響を受けるかと思っていましたが、蓋を開けてみると「総資産額の増」で終わることができました。 詳細については記事にまとめたとおりです。
お金

2022年1月貯蓄・投資まとめ

2022年1月の貯蓄・投資結果をまとめました。総資産額は12月末に比べ約4万円の減となりました。主要な要因はやはり株安でしょうか。今年に入ってから約6万円ずつ積み立てるようにしているのですが、それでも株式資産はマイナス2万円となっていましたので。株安以外には、昨年末のイレギュラーな出費の支払いがあったことが要因となっています。ここのところ総資産額はずっと伸びてきていたので、一休みといったところですね。詳細については記事にまとめたとおりです。
お金

2021年12月貯蓄・投資まとめ

2021年12月の貯蓄・投資結果をまとめました。総資産額は11月末に比べ約29万円の増となりました。一番大きな要因は想定外のボーナスがあったことです。約20万円をいただけました。これにより生活防衛資金半年分(90万円)の現金資産確保を達成することができました。株式市場も少し落ち着きを取り戻したためか、株式資産の評価額も11月よりも増になりました。結果的に、資産全体で大きな伸びを記録することができました。詳細は記事にまとめたとおりです。
お金

2021年11月貯蓄・投資まとめ

2021年11月の貯蓄・投資結果をまとめました。総資産額は10月末に比べ約12万円の増となりました。11月末に起きたオミクロン株ショックのために、株式資産の減もありましたが、最終的に全体としては資産を増やすことができました。全ては残業代の恩恵によるものです。できれば副業をもう少し伸ばして、より大きく資産を伸ばせるようにしたいなぁと考えている今日この頃です。詳細は記事にまとめたとおりです。
お金

2021年10月貯蓄・投資まとめ

2021年10月の貯蓄・投資結果をまとめました。総資産額は9月末に比べ約15万円の増となりました。これは絶好調な投資の寄与が大きかったものと考えています。とはいえ3分の1は現金の増によるもので、着実に資産の積み上げができていることがわかる結果となりました。「稼ぐ力」はまだまだですが、残業のおかげで少しずつ資産を増やしていけている感じです。詳細は記事にまとめたとおりです。
お金

2021年9月貯蓄・投資まとめ

2021年9月の貯蓄・投資結果をまとめました。総資産額は8月末に比べ約20万円の減となりました。これはかねてよりお伝えしていた2021年秋の大出費イベントがあったからです。これに加えて株式を取り巻く状況も芳しくなく、本業における残業がなければ相当厳しい状況に陥っていたと思われます。詳細は記事にまとめたとおりです。
タイトルとURLをコピーしました