雑記:アクアスキュータムの皮手袋購入!

生き方

段々寒さが増している11月、そろそろ冬の準備をしておきたい月ですよね。

先日は真冬のバイク生活を快適にするために、ハンドルカバー購入の報告をしました。

実はほぼ同時にもう一つの冬用品を購入しました。

それが今回記事にする皮手袋です。

ちょっと高かったのですが、どうせならちゃんと暖かいものを買いたいということで、今の自分の生活水準からすると背伸びをした買い物をした次第です。

どのようなものであったのか記事にまとめました。

今年の冬は快適に通勤を!

通勤時の手の冷たさをどうにかしたい

いまはまだそれほど寒くなっていませんが、雪が降るような真冬の通勤って本当に手が冷たくなりますよね。

私は寒さに弱く、手も荒れやすいので冬場は必ず手袋をするようにしています。

もちろん、手袋がなくても何とかなるのですが、やっぱり暖かい方が快適じゃないですか?

ということで、昔から通勤用に手袋を購入してきたわけです。

以前購入した手袋を紛失

昨年は日本に戻ってきて初めて寒い冬の通勤を経験をすることになりました。

以前日本にいた頃に割と防寒性の高いビジネス用の手袋を購入したのですが、ベトナム赴任に伴う荷物整理の際になくしてしまったんですよね(^^;

確か5,000 円くらいだったと思うのですが・・・。

勿体ないことにしました。

昨年購入した1,000円の手袋は大失敗でした(笑)

昨年は借金完済直後くらいであまり余裕もなく、経済的破綻から立ち直り切れていなかったので

「まずは安いものでよいからある程度手をガードできるものを購入しよう」

という方針から、楽天市場にて1,000 円の「防寒性あり」と謳い文句が書かれている商品を購入したわけです。

ただ、結果はご想像のとおりで、それほど防寒性の高い品物ではありませんでした。(ちなみに、当該商品ページには「-5℃の極寒でも大丈夫」みたいなことが書かれていました(笑))

今年こそはちゃんとした手袋を入手したい

防寒性もさることながら、上記の手袋はスポーツタイプの商品だったので、スーツで通勤するのにはあまりマッチしないかなぁということも難点としてはありました。

ということで、今年こそは防寒性が高く、ある程度ビジネス用としてもマッチする手袋を購入したいと思っていたんです。

高島屋にて皮手袋を購入!

現物を見て確認するためにわざわざ高島屋へ(謎)

自分の頭の中では

「やっぱり皮手袋がいいかなぁ」

と思ってはいたのですが、いままで皮手袋の購入を検討したことがなかったんですよね。

ということで、現物確認の意味でもわざわざ高島屋へ行き品定めすることにしました。

店頭価格 税込11,000 円の手袋を購入することに

陳列棚で何種類もの皮手袋があったわけですが、あまりガラが入っていなくて、裏地のある暖かい手袋ということで、↓の写真の手袋を購入しようと思いました。

価格は税込11,000 円(!)

自分の今の生活水準からすると、ちょっとお高い買い物です(^^;

裏地がスエード調になっている商品で7,000円ほどの商品や裏地がなくもっとお安い商品もあったのですが、トータルで考えてこれが最も自分の目的にかなうかなと思いこれを購入したいと思った次第です。

※ちなみに、裏地が100 %カシミアの20,000 円ほどする商品などもありましたが、それは見ない事にしました(^^;

通販での購入は断念

↑の手袋を購入したいと思った後に考えたこと、それはこの商品と同じものを楽天市場で買えないか?ということです(^^;

そうすることで楽天ポイントがゲットできますし、場合によっては高島屋の店頭価格よりも安い価格設定がされている可能性もあるだろうと考えました。

で、早速売り場から離れたところで楽天市場を確認したのですが、残念ながら同等の商品は販売されておりませんでした。

ということで、通販での購入はその場で諦めました(^^;

購入したのはアクアスキュータムの手袋

↑の写真でロゴが見えているのですが、今回購入したのは「アクアスキュータム(Aquascutum)」というブランド。以下がアクアスキュータムのブランドサイト。

Aquascutum アクアスキュータム | Aquascutum
アクアスキュータム公式オンラインストアです。ロンドン、リージェント街の高級服仕立屋からスタート。 ラテン語の“aqua-水”と“scutum-盾”を組み合わせた造語“Aquascutum”を冠した防水コートで世界的な評価を受け、以来モダン・ブリティッシュブランドとして、長きにわたって本物を追求するエグゼクティブから支...

このブランドを運営しているのは、株式会社守屋という東京に本社を置く会社です。昭和2年創業の老舗のようですよ。(あと6年で100年企業!)

守屋社の公式サイトへのリンクも↓に張っておきますね。

株式会社 守屋|MORIYA
1927年創業のメンズ レザーグッズメーカーの「MORIYA」コーポレートサイトです。財布・革小物・ベルトなどのメンズファッショングッズを全国主要百貨店・専門店・量販店などを展開。オリジナルブランドの「ミカド」「ノストロアテュー」「レザーグッズモリヤ」から有名ライセンスブランドまで多数取り扱いしております。

購入してきて開封前に写真撮影するのを失念していました(^^;

ということで↑の写真を撮ったという訳です。

タグをアップにした写真が↓。

タグの裏側の写真が↓になります。

こちらを見ていただくとわかると思うのですが、革は羊の皮で、裏地はカシミアとウールの50%-50%という内容になっています。

製造は中国。

中国製ということで、絶対にネットで安く売られているだろうと思ったんですけどねぇ・・ちょっと甘かったです(笑)

ちゃんと商品管理をしていて、流れないようにしているのかもしれませんね。

裏地が購入の決定打になりました

購入の決定打は↑でも少し書きましたが、やっぱり裏地です。

革部分で風を遮って、裏地が更なる保温の役目を果たしてくれるわけですから、裏地は重要だろうと考えました。

店頭で試着させていただいた感じでは確かにカシミア100%の商品は温かかったのですが、やっぱりコストには勝てません(^^;

店員の方にも、

「今回はこちらを買わせてもらって、レベルアップしたらトライしますね」

と言って(税込)11,000 円の商品を買わせていただきましたよ。

それでも、自分にとってはまさに「清水の舞台から飛び降りる」心境でした。久しぶりに。

この1年ちょっとの間、結構切り詰めてきたので・・。

でも、ここにきてようやくこのくらいの品を、必要と判断したうえで購入できるまでに経済力を回復させることができたんだなぁとしみじみと思いました。

装着感・暖かさは上々

いまのところ、装着感・暖かさともに申し分なし

購入した次の日から早速通勤で使用していますが、装着感と暖かさは上々です。

本当に申し分ない手袋だと思いました。

今回初めて皮手袋を購入したわけですが、手にフィットする感じがいいですね。

勝負は12月以降に

11月に入り、少し寒くなってきたとはいえ、まだまだ寒いうちには入りません。

勝負は12月以降の本当に寒い時期を乗り越えられるか否かです。

その時に、

「多少高かったけど、買って良かった」

と思えることを今から期待しています!

皮手袋購入後のオチ

実は今回の皮手袋購入にはオチがありました。

実は、↑の皮手袋を購入した後、ユニクロに行きインナーを購入したんです。

そこで初めて知ったのですが、ユニクロもヒートテックの手袋発売しているんですね(^^;

しかも、お値段税込(?)1,500 円!

店頭で見た時に、思わず

「えっ?!」

ってなっちゃいました(笑)

皮手袋を買う前にこれを知っていたら、皮手袋じゃなくて、ユニクロの手袋を買ったかも(笑)

「それからでも遅くなかったかなぁ」

と心の中で思いながら帰路につきました。

もちろん、皮手袋を購入した満足感はあるのですが、ちょっとした残念感がありましたね(笑)

まとめ

冬の通勤に備えて皮手袋を購入しました。

いまの自分の生活水準からすると、少々お高い買い物でしたが、満足しています。

片方をなくしたり、落としたりしないよう大事に使いたいと思います。

前回と今回の記事は雑記的な内容でしたが、次回の記事からはいつもどおりほっともっとネタに戻りたいと思います。

本記事執筆時点で2つの新登場メニューの記事が控えています。

頑張って投稿したいと思いますので、気になる方はまた当サイトにいらしてください。

お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました